戦乙女の騎行。
Loki第106回攻城戦。

今回の目的は、V2の制圧・防衛。
ということで、同盟ギルド[Dinosaid]さんを含め
総勢16人+αもの人数が集まってくれた。

d0031021_7191847.gif


これでも防衛するには全然不足だが…
全員が作戦通りに機能さえすれば、十分守れるはず。
V2には大手ギルドはまずこないし、基本的にレーサーばかりだからな。


d0031021_7263847.gif


まずは、いつものようにエンペ破壊。
その後部隊を二手に分ける。

ワープポイント付近の防衛にWizを3人配置。
クルセが献身をかけ、ブラギ上で大魔法(SG、MS)連打。
LoVはオブジェクト制限のための不発で
抜けられる恐れがあるので使用しない。
この大魔法部隊が防衛の要。
とにかくエンペルームへの敵の侵入を許さない。

そしてエンペリウム防衛部隊。
こちらの役割は、大魔法地帯を抜けてきた敵の殲滅。
主な戦力はEDPアサクロ…つまり、自分だ。
本来ならばこれは阿修羅モンクの役割なんだが…
まあ、いないものはしょうがないな。


d0031021_7433249.gif


EDP状態でのソニックブローを喰らえば、
騎士クルセ以外は大抵が即死する。
生き残ったとしてもまず回復が間に合うことはなく、
続けざまの二の太刀、三の太刀で倒れていく。
…これはなかなか気分がいい。

防衛中、大魔法地帯を抜けてエンペまで辿り付いたのはたったの数人。
とはいえ、VIT騎士やプリを殺せるほどの瞬発力があるのは自分だけで…
それに毒瓶の数にも限りがあるため、敵の全てを排除することは出来なかった。

今回、高レベルサンクチュアリ持ちのプリーストと、
阿修羅モンクがこの構成に加わっていれば・・・
おそらく延々と防衛できたのだろうな。
まあ、ないものねだりをしても仕方がないが。


今回の総防衛時間、約30分。
結局、砦を守り切ることは叶わなかったが…
初めてにしてはまあ上々な結果だろう、と思う。

それに何より、楽しかった。


数を揃えれば防衛できるのは当たり前で。
うちらはそんなつまらないことをしたいわけじゃない。
最小限の人数で、全員がきっちり機能し、攻め切るor守り切る。
結果なんてものはどうでもいいんだ。
2時間という少ない時間を、皆で目一杯楽しむことができれば…
それでいい。

その他に何を望むものがあろうか?
[PR]
by temjin707j | 2005-08-17 08:26 | GvG
<< 戦乙女の…そろそろネタ切れ。 暗殺者と追跡者。 >>



名前:Velonica            座右の銘:雨垂石を穿つ            好きなもの:たこ焼き、アンデッド        
by temjin707j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31